news

2009年度 | 2010年度 | 2011年度 | 2012年度 | 2013年度 | 2014年度

2015年度 | 2016年度 | 2017年度

 

2010年11月15日 赤旗まつりの「ふるさとの味」当団体餃子出店
 

「ふるさとの味」餃子出店 11月6日(土)、7日(日)の二日間に江東区の「夢の島公園」での赤旗まつりの「ふるさと味の店」のブロックに餃子販売を出店しました。
今回の出店で分かった事は、日本の方々の「水餃子」に対するイメージはスープ入りのものだということでした。
また、今回の出店では、当団体の「水餃子」は本場の味だというアピールをしつつ、餃子販売をしました。
初日の販売は、目標に届きませんでしたが、翌日は、機転を利かしてスープ入りの水餃子も売り始めたこともあり、また、若干天気も寒かったこともあり、用意した350食は全部完売しました。
結果的にほぼ完売で、初回の餃子販売活動としては、まずまずのスタートでした。


2010年5月30日 温家宝首相来日「中日友好貢献表彰式」開催
  「日中友好の会」が温家宝首相から表彰状を授与されました。 
 

 5月30日、温家宝首相が来日し、東京にて「中日友好貢献表彰式」が開催され、中国帰国者・日中友好の会は賞状を頂きました。当団体からは、池田理事長が出席しました。

              

温家宝首相と池田理事長   温家宝首相から受賞

  温家宝首相から受賞する池田理事長        温家宝首相と握手賞を手にする池田理事長

 

 

 

 

式典の様子と温家宝首相からの祝辞はこちら>>

 

    

 

 

  賞を手にする池田理事長   

 

2010年5月18日 四川省「中日友好太山村小学校」訪問
 

2008年5月、中国四川省において震度8の大地震があり,多くの人々の命が奪われ、家を失い、学校が倒壊し、地元に大きな損失を与えました。
第二次戦争終戦後、中国に残された中国残留孤児達はこのことを知り心を痛めました。「私たちは何か彼らのためにできることはないだろうか」と思い、中国人民の養育の恩に報いるため、恩返しをすることにしました。そして、全国の中国孤児たちが、続々と節約したお金を寄付し、短期間で1600万円以上の義援金が集まりました。孤児たちは、この義援金を有効に使う方法を皆で考え、日中友好事業の為に「日中友好小学校」を建設することにしました。
中国駐日大使館等のご協力を頂いた上で、2009年3月中国共産党政治局常務委員李長春氏が来日の際、孤児の代表が李長春氏に日中友好小学校を建設することを報告し、その後、四川省眉山市仁寿県太山村に日中友好小学校を建設することが決定しました。
小学校は2010年の4月末に完成し、5月18日には「中日友好太山村小学校の開校式典」が開催され、に帰国者代表団80人招待されました。
開校式では、パソコン7台と128名の生徒たち各自にカバンと勉強の筆記用具に筆箱セットを贈呈しました。
今回の訪問は、中国大使館と四川省、眉山市外務事務室、仁寿県教育局等の多大なご協力を頂き、また、地元の村民と小学校の先生と生徒たちからの熱烈歓迎を受け、訪問団の80人のメンバーは小学校を目の前にして、大変感激していた様子でした。
当団体では、128名の子供はこれからこの学校で勉強をし、成長をしていき、社会に役に立つ人間になることを願っており、また、今後、定期的に学校を訪問することを予定しています。
子供たちが立派な大人になって、故郷のために貢献する成人になることをお祈りしております。

 学校全景と池田理事長挨拶  式典に列席する生徒たち
学校前景・池田理事長挨拶        式典に列席する生徒たち

 

 小学校前集合写真  勉強用具贈呈
小学校前集合写真             勉強用具贈呈

2010年1月30日 2010年新年会
  ◆2010年当団体主催の新年会が開催されました。
 

 当団体の新年会が、2010年1月30日11時から、東京都立産業貿易センターの台東区民会館9階で開催されました。

 理事の綱島氏と佐藤氏の司会により、新年会は進行され、大変大勢の来賓と中国残留孤児で、会場は大盛況となりました。

 開会挨拶の後、理事長の池田澄江氏と来賓の方々の挨拶が続き清水氏による「中国養父母への謝恩の旅」報告、そして副理事長の宮崎氏の乾杯の音頭で昼食会が始まりました。

 会場には、残留孤児たちによる、手作りの中国家庭料理が並べられ、大変、華やかな様子でした。またスクリーンには、NHK編集の「中国養父母への謝恩の旅」のDVDが放映されました。

 昼食会の後は、残留孤児たちや来賓の方々による、様々な催しが行われました。

 書道実演から始まり、監事の弁護士河合先生のオペラにより、会場は大盛り上がり。

その後、韓国舞踊や社交ダンスなど、残留孤児たちも日ごろの練習の成果をおおいに発揮できる絶好の機会となりました。

 最後に、全員で「私の胸の内」を全員で合唱し、新年会は閉幕となりました。

 

 NPO埼玉の会員による「チャングム」のお踊り  NPO社交ダンス教室生徒のブルース

 

 NPO音楽教室生徒の合唱  みんな輪になって炭坑節を踊る